めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気

眩暈を引き起こす病気

眩暈の原因として挙げられる代表的な病気の症状や原因、対処法をそれぞれ詳しくまとめました。

眩暈と病気の関連性を調査

こちらのページで解説しているように、眩暈は原因やその症状で、大きく3種類に分けることができ、これらは当然、その対処法や治療法も異なります。

眩暈はからだの平衡感覚を保つ機能になんらかの障害が発生した際に起こります。

これらの器官には三半規管・耳石器・前庭神経・脳幹・視床・大脳皮質があり、どこか一つでも支障をきたすことで眩暈が起こります。

特に三半規管は体の動き・平衡感覚をつかさどる器官で、回転などの動きをキャッチする働きがあります。そのため、三半規管の異常によって体がぐるぐるまわるようなめまいが引き起こされるのです。

  • 自分自身がグルグルまわったり周囲がグルグルまわる
  • 頭やからだがグラグラ揺れている
  • 立ち上がった瞬間にクラクラッとする
  • 長く立っていて目の前が暗くなる

耳が原因で起こるめまい

めまいとは、「三半規管」「耳石器」「前庭神経」のいずれかに障害が起こることで発生します。

三半規管とは、体がどの方向へ動くかを知覚する器官です。これに対し、耳石器は体の傾きや重力、加速度を知覚します。そして、これらの三半規管や耳石器からの情報は前庭神経を通って脳へと伝えられるのです。

三半規管や耳石器に異常があれば、現在の体の動きや傾きとは異なる情報が前庭神経へ伝えられ、めまいが発生します。また、前庭神経自体に問題があった場合も、脳へ間違った情報が伝えられめまいを覚えるのです。

考えられる病気

メニエール病

症状:初期は耳がつまった感じを覚え、耳鳴り・音の反響が現れる。症状が進むと激しいめまい・難聴といった症状が現れる。

前庭神経炎

症状:数日から1週間、強烈なめまい・吐き気・嘔吐・冷や汗が現れる。

突発性難聴

症状:突然強い難聴や耳鳴りが発生。めまいの症状は比較的軽い。

聴神経腫瘍

症状:初期はめまい・耳鳴り・難聴が現れる。症状が進むと、顔面の痙攣・顔面神経麻痺・知覚麻痺・歩行障害・意識障害が現れる。

抗生物質などの薬物から起こるめまい

症状:足元がふらつくようなめまい

前庭神経が圧迫されるためのめまい

症状:「ごっごっ」という耳鳴り・難聴・10秒~数分の回転性めまい

騒音難聴から起こるめまい

症状:難聴・耳鳴り・めまい

検査方法

聴力検査

難聴の有無、または難聴の度合いを調べるために行われます。

検査方法は、ヘッドホンのような機器を耳につけ、オージオメーターと呼ばれる機器の音を患者さんに聞かせることで行われます。

フレンツェルの眼鏡による眼振検査

フレンツェルの眼鏡とは、患者さんの目を拡大して映す眼鏡のことです。医師が患者さんの目を観察しやすくするために用いられます。

めまいが起きている場合、「眼振(がんしん)」と呼ばれる特徴的な動きが現れます。医師は、この眼振の有無を調べることでめまいが起きているかどうかを判断するのです。

視運動性眼振検査

視運動性眼振検査(しうんどうせいがんしんけんさ)とは、一定の速度で動くものを患者さんに見せて、患者さんの目の動きが正常かどうかを調べる検査です。

目が動くタイミングがおかしい場合や、目を戻す眼振が起きない場合、反対方向へ目が動く場合などに、めまいが起きていると診断します。検査方法は、縦縞が書かれた円筒を回転させて、その動きを追わせるといったやり方です。

この他にも、「電気眼振計」「足踏み検査」「ロンベルク検査」などがあります。

脳が原因で起こるめまい

脳が原因である場合、顔や手足のしびれ、手や指先のふるえ、手に力が入らないといった症状、そして周囲が激しく回転するようなめまいや、足元がフワフワするようなめまいが生じます。

考えられる病気

脳卒中

症状:強烈な頭痛・強烈な回転性めまい・手足のしびれ・歩行困難・直線が書けなくなる・箸が持てない・顔面麻痺および表情の異変・ろれつが回らない・意識障害

椎骨脳底動脈循環不全

症状:頭痛・脱力感・頭や首を大きく動かすとめまいが起こる・腕のしびれ・ふらつき

てんかん

症状:体の一部または全身の硬直や痙攣・意識喪失・全身の脱力による転倒・めまいの後に意識を失う。

良性発作性頭位変換性めまい

症状:数十秒の間、回転性めまいが現れる。

検査方法

神経学的検査

神経学的検査とは、腱反射検査や知覚検査、徒手筋力検査などにより、神経根や脊髄に障害がないかどうかを調べる検査です。

脳卒中などの病がめまいの原因だった場合、神経の麻痺などが同時に現れることがあります。この神経学的検査により、脳卒中の早期発見が行えるでしょう。

MRI

MRIとは「磁気共鳴画像診断装置」の略です。患者さんへ電磁波(ラジオ波」を照射し、細胞に含まれる水素分子の反応から、体内の様子を撮影することができます。体を輪切りにしたような画像が特徴であり、臓器や組織の形状や大きさから、脳梗塞や脳出血などの症状が調べられます。

この他にも、「MRA」「脳波測定」などがあります。

症状ごとの病院の選び方

  • 回転性のめまい・難聴・耳鳴り・・・耳鼻科
  • 浮動性めまい・体の疲れ・睡眠不足など・・・心療内科
  • 激しいめまい・頭痛・体の麻痺・意識障害・・・脳神経内科・脳神経外科

高齢者のめまいは原因を特定しづらい?

高齢になると平衡感覚の衰えによるめまいや、血圧の変動が激しくなることでのめまい、さらには病気の影響や投薬の副作用によりめまいが起こることもあります。

考えられる病気と症状

椎骨脳底動脈循環不全

症状:頭痛・脱力感・頭や首を大きく動かすとめまいが起こる・腕のしびれ・ふらつき

脱水症状

症状:喉の渇き、立ちくらみ、脱力感・筋肉の痙攣・意識障害

脳卒中

症状:強烈な頭痛・強烈な回転性めまい・手足のしびれ・歩行困難・直線が書けなくなる・箸が持てない・顔面麻痺および表情の異変・ろれつが回らない・意識障害

高齢者がめまいを防ぐためには

高齢者はさまざまな病に罹りやすく、また治療によって多くの薬剤を処方されるため、めまいが起きることがよくあります。

日頃の生活習慣を見直し、病気に負けない丈夫な体を維持することが大事です。

重病の前触れ?気になる方は早めの対処を

「眩暈くらいたいしたことない」と思われる方もいるかもしれませんが、実は眩暈には大きな病気が関係していることも…。

しばらく安静にしていれば治まるのであればそれほど心配する必要はありませんが、発生頻度があまりにも高い場合は、命にかかわる病気のサインである可能性も考えられます。

また、西洋医学では眩暈の発生原因を解明できていないケースが多く、処方薬ではその症状が改善されないこともあります。ここでは、西洋医学で改善しきれない眩暈の対策として、サプリメントや漢方の利用をおすすめしています。

それぞれ眩暈の原因と考えられる病気について詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト