めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » 自律神経失調症

自律神経失調症

ここでは、めまいの原因となる自律神経失調症とはどのようなものか、その原因は何かを詳しくまとめています。

めまいの原因となる自律神経失調症とは

自律神経とは交感神経・副交感神経の2つからなり、心臓・血圧・体温調節・消化・ホルモン分泌などの機能を司るもの。

自分の意志とは関係なく、さまざまな刺激・情報に自動的に反応して必要な機能をコントロールしています。

自律神経失調症は、交感神経・副交感神経のバランスが崩れることで発生。さまざまな症状が現れますが、なかでも多く見られるのが「めまい」です。

自律神経失調症では、交感神経が優位になるのが特徴。交感神経の働きが過剰になると血管・筋肉が収縮し、血流が悪化します。

すると、全身から送られてくる情報をコントロールする前庭小脳への酸素・栄養供給がダウン。平衡感覚を司る前庭神経などが誤動作を起こし、めまいを起こしやすくなるのです。

自律神経が乱れる原因もさまざまで、生活習慣の乱れ・ストレス・疲労・環境の変化・ホルモンバランスなど、いろいろな要素が複雑に絡み合っていると言われています。

内科などで診察を受けても異常が見つからない場合は、神経科・心療内科などの専門医を受診してみた方がよいでしょう。

自律神経失調症の症状

めまいは回転性めまい・非回転性めまいの2つに分類されますが、自律神経失調症のめまいは非回転性であることが特徴です。

非回転性めまいは雲の上を歩いているようなフワフワした感覚になり、ふらつきを覚えます。吐き気・冷や汗を伴うことも多く、慢性的な頭痛・不眠・肩コリ・胃痛・下痢・疲労感などの体調不良を訴えることもあるようです。

精神的な症状としては、情緒不安定・不安感・イライラ・被害妄想・落ち込み・焦燥感などが見られることもあります。

自律神経失調症の症状は個人差が激しく、症状が1つしか現れない人もいれば、複数の症状を同時に発症する人もいます。

短時間で症状が消える人や長期間続く人、1つが消えたと思ったら違う症状が出る人など、実にさまざま。個人で自律神経失調症を判断するのは、非常に難しくなっています。

自律神経失調症の対策と治療

自律神経失調症であると診断された場合、1人1人の症状に合わせた治療が行われます。主な治療法には、以下のようなものがあります。

  • 自律訓練法(セルフコントロール)
  • カウンセリングなどによる心理療法
  • 指圧・整体・鍼灸・マッサージなどの理学療法
  • 薬物療法
  • 漢方療法
  • 生活指導によるライフスタイルの見直し

自律神経失調症によるさまざまな不調の原因は、リラックスを司る副交感神経が十分に働いていないことにあります。

自分でできる対策としては、自律神経を整える食物の摂取(玄米・きのこ類・発酵食品など)・入浴(ぬるま湯がベスト)・睡眠環境の整備・有酸素運動(ウォーキング・ジョギングなど)・マッサージなどを取り入れると効果的です。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト