めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » メニエール病

メニエール病

ここでは、メニエール病の症状や対策について紹介しています。

めまいを伴うメニエール病の症状と対策

メニエール病は、内耳に要因があるめまいを引き起こす病気の総称で、内リンパ水腫とも呼ばれます。

内リンパ水腫とは、三半規管のリンパ液が必要以上に増えることで、水ぶくれの状態になり起こる病気ですが、リンパ液が増える原因については解明されていません。

三半規管の水ぶくれは、難聴や耳が詰まる感じはなく、めまいのみが症状としてあらわれます。

蝸牛の水ぶくれは、めまいを感じず難聴のみを自覚。水ぶくれが弱い場合には難聴の症状もなく、耳の違和感のみを覚えます。

30代後半から40代前半の女性に多く起こり、体や心の疲れが溜まっていたり、睡眠不足などで強いストレスを感じている人が発症する傾向にあります。

メニエール病の症状

メニエール病の症状としては、回転性のめまいが何のきっかけもなく起こるほか、難聴や耳鳴り、耳の閉塞感があります。また、めまいとともに吐き気や嘔吐、冷や汗、顔が青白くなる、脈が速くなるといった症状も引き起こされます。

めまいの強さは、激しい回転性めまいから浮動性めまいまでさまざま。10分程~数時間続くことが多く、数秒~数分の短いものの場合、メニエール病ではない可能性が高いです。

耳の症状はめまいとともに引き起こされ、悪化することもありますが、めまいが回復するにしたがって改善されていきます。

これらは、反復して起こることにより、初めてメニエール病であると判断できます。

すなわち、発作が初めて起こった段階では、めまいを伴う突発性難聴や中枢性疾患、聴神経腫瘍などとの区別がつかず、正確な診断を下すのが医師ですら困難であることを覚えておいてください。

メニエール病の対策

メニエール病は一度改善しても、何度も発作を繰り返す病気です。

現在の西洋医学で取られている対策は、リンパ液を溜めないようにする利尿剤を中心に、ビタミン剤や抗不安剤の処方、心理面でのケアとして生活習慣の改善指導が行われています。それでも発作が治まらない場合は、手術などの外科治療を行うことになります。

一方、東洋医学での対策は、体内の水分バランスや血行の乱れと考え、病気そのものの対策ではなく、個々の症状に合った対策が取れます。

病気自体に効かないのであれば、無意味に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、メニエール病は精神的なストレスや不眠、全身の疲れが大きく関わっていると考えられており、それらの原因をまず改善することで、症状を緩和することにつながります。

主に処方されるものとしては、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や五苓散(ごれいさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが挙げられます。

いつ起こるか分からないメニエール病の発作対策として、漢方を試してみてはいかがでしょうか。

メニエール病を改善するには

メニエール病の検査方法には、どのような種類があるのでしょうか。初めて受診する方には、分からないことだらけです。

ここでは、メニエール病の検査方法について紹介します。また医療機関で行われている、治療方法についてもみていきましょう。

メニエール病検査方法

メニエール病では、めまいの症状によって異なる検査方法を実施します。

  • 聴力検査
  • めまいの原因は、耳から起こることが多いです。そのため、一般的な検査として聴力検査があります。聴力検査を行うことで、普段の生活への影響などが調べられます。

    なお、メニエール病は低い音が聞こえにくいのが特徴です。

  • 平衡機能検査
  • 平衡機能検査は、体のバランスが整っているかを調べ、メニエール病の原因となっている内耳の状態について検査していきます。

    平衡機能は自宅でも簡単に調べることができ、その一つとして「足踏み検査」があります。

    方法はいたって簡単で目を閉じて、その場で足踏みをするだけです。よく体の歪みをチェックするときにも、この方法で調べていることがあります。

    メニエール病では、内耳の状態が悪くなっていると、左右のどちらかの悪い方へ寄っていきます

  • 眼振検査
  • めまいの代表的な検査方法である、眼振検査はメニエール病でも用いられています。

    人間の目がめまいを引き起こしたときは、眼球が常に動いている状態です。集中して物を見るときと、そうでないときの眼球の動きをチェックして症状を調べていきます。

  • グリセロール検査
  • 内リンパ水腫が起きているか、調べることができる検査です。内リンパ水腫とは、耳の奥にある内耳が浮腫んでいる状態をいいます。

    グリセロール検査は、グリセロールと呼ばれる浮腫みの改善作用を持つ薬を点滴で投下し、聴力が改善されているか検査していきます。

    この検査で改善がみられた場合は、内リンパ水腫が原因と推定することができます。

  • フロセミド検査
  • 利尿作用のあるフロセミドを注射し、前庭刺激検査を施す方法です。

    前庭刺激検査とは、耳の穴に水やお湯を入れて刺激を与え、めまいを誘発させます。その際に生じた、左右の前庭機能の変化を比較します。

メニエール病治療方法

次は、メニエール病の治療方法についてみていきましょう。

  • 薬物療法
  • メニエール病は薬で治療していきます。症状を和らげ、予防として服用します。一般的に処方する薬はめまい、吐き気の原因を改善する薬です。

    また、薬物療法と併せて漢方を取り入れるのも効果的です。漢方薬は、症状に合わせて配合を変えることもできるので、自分に合った治療法で改善が期待できます。

  • 栄養療法
  • バランスの良い食事を心がけるとともに、食物繊維やビタミン類を積極的に摂取していくことを目的とした治療法です。

    また、酵素はメニエール病の改善に期待ができると注目が高く、めまいの症状に高い効果が期待できます。栄養療法で、めまいの症状を悪化させないようにしていきましょう。

  • 手術
  • 薬を服用しても改善されないときは、手術を受けることもできます。

    メニエール病の手術は、めまいの改善に期待はできますが、聴力が落ちることもありリスクもあるため、慎重に判断する必要があります。

メニエール病のセルフチェック~早期発見・早期治療が重要~

メニエール病になると、どのような症状がでてくるのでしょうか。ここでは、メニエール病の特徴的な症状を参考に、セルフチェックをしてみましょう。

こんな症状がでていたらメニエール病かも!?

  • 回転性のめまいが何度も起こる
  • 横になってもめまいの症状がある
  • めまいの症状が起こると20分以上治らない
  • 低い音・声が聞き取りにくくなった
  • めまいと同時に吐き気または嘔吐することがある...など

あてはまる症状が一つでもある方は、医療機関へ受診するようにしましょう。

日常生活でできるめまい対策

頻繁に起こるめまいは、とても辛いですよね。めまいの症状を悪化させないためには、日常生活に少し気をつけてみませんか?

ここでは、日常生活でできるめまい対策について紹介していきます。

  • 過剰な水分摂取に気をつける
  • 健康になるには、1日に○リットルの水を飲みましょう。という言葉がありますが、水分の過剰摂取によって、メニエール病の悪化につながることがあります。

    メニエール病の原因の一つとなっている、内リンパ水腫は浮腫みが原因です。そのため、過剰な水分の取りすぎは注意が必要になります。

  • 視神経の疲労には注意
  • 長時間の運転・テレビ・読書をすると、視神経が疲れてしまいます。視神経の疲労は、めまいの原因になるので、疲れたら目を休ませてあげましょう。

  • 精神的ストレスを溜め込まないようにすることが大切
  • めまいは、ストレスが関係しているといわれています。

    ストレスを溜めすぎると、血管が収縮している状態になるので、血液の流れによって排出されていくリンパ液が代謝していかなくなります。そのため、めまいを引き起こす原因の一つになるのです。

    めまいは、普段の生活の中に原因となることが隠れています。すべてを解消していくことは難しいですが、ストレスをこまめに発散し、テレビや運転の時間を自然の中で運動する時間にあてるのもおすすめです。

メニエール病の改善におすすめのサプリメント・漢方一覧

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト