めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » メニエール病

メニエール病

ここでは、メニエール病の症状や対策について紹介しています。

めまいを伴うメニエール病の症状と対策

メニエール病は内耳に要因があるめまいを引き起こす病気の総称で、内リンパ水腫とも呼ばれます。

内リンパ水腫とは、三半規管のリンパ液が必要以上に増えることで、水ぶくれの状態になり起こる病気ですが、リンパ液が増える原因については解明されていません。

三半規管の水ぶくれは、難聴や耳が詰まる感じはなく、めまいのみが症状としてあらわれます。

蝸牛の水ぶくれは、めまいを感じず難聴のみを自覚。水ぶくれが弱い場合には難聴の症状もなく、耳の違和感のみを覚えます。

30代後半から40代前半の女性に多く起こり、体や心の疲れが溜まっていたり、睡眠不足などで強いストレスを感じている人が発症する傾向にあります。

メニエール病の症状

メニエール病の症状としては、回転性のめまいが何のきっかけも無く起こるほか、難聴や耳鳴り、耳の閉塞感があります。また、めまいとともに吐き気や嘔吐、冷や汗、顔が青白くなる、脈が速くなるといった症状も引き起こされます。

めまいの強さは、激しい回転性めまいから浮動性めまいまでさまざま。10分程~数時間続くことが多く、数秒~数分の短いものの場合、メニエール病ではない可能性が高いです。

耳の症状はめまいとともに引き起こされ、悪化することもありますが、めまいが回復するにしたがって改善されていきます。

これらは、反復して起こることにより、初めてメニエール病であると判断できます。

すなわち、発作が初めて起こった段階では、めまいを伴う突発性難聴や中枢性疾患、聴神経腫瘍などとの区別がつかず、正確な診断を下すのが医師ですら困難であることを覚えておいてください。

メニエール病の対策

メニエール病は一度改善しても、何度も発作を繰り返す病気です。

現在の西洋医学で取られている対策は、リンパ液を溜めないようにする利尿剤を中心に、ビタミン剤や抗不安剤の処方、心理面でのケアとして生活習慣の改善指導が行われています。それでも発作が治まらない場合は、手術などの外科治療を行うことになります。

一方、東洋医学での対策は、体内の水分バランスや血行の乱れと考え、病気そのものの対策ではなく、個々の症状に合った対策が取れます。

病気自体に効かないのであれば、無意味に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、メニエール病は精神的なストレスや不眠、全身の疲れが大きく関わっていると考えられており、それらの原因をまず改善することで、症状を緩和することにつながります。

主に処方されるものとしては、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や五苓散(ごれいさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが挙げられます。

いつ起こるかわからないメニエール病の発作対策として、漢方を試してみてはいかがでしょうか。

メニエール病の改善におすすめのサプリメント・漢方一覧

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト