めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » 偏頭痛

偏頭痛

ここでは、偏頭痛(片頭痛)が原因で起こるめまいの症状について詳しく解説しています。

めまいの原因となる偏頭痛とは

偏頭痛とは、慢性頭痛の1つ。頭部の片側にだけ痛みが現れることもありますが、痛みが左右に変動したり、両側や後頭部が痛むなど症状の出方はさまざま。

光・音・ニオイになどにも敏感になり、吐き気・嘔吐・視野の狭窄などを伴うケースも多くなっています。

偏頭痛とめまいには、深い関係性があると言われています。これは、偏頭痛を訴える患者の約20%にめまいが見られ、めまいを訴える患者の約40%が偏頭痛を訴えているというデータに基づいた仮説です。

原因はまだ明確になってはいませんが、偏頭痛は血流の異常によって発生するため、この際に脳髄液も乱れることが可能性として考えられています。

とくに女性に多く見られる症状であり、日本人では人口の約8%が偏頭痛持ちであると言われています。

ちなみに医学用語としては「片頭痛」が正式名称として使われていますが、「偏頭痛」と「片頭痛」、どちらも同じ意味合いです。

偏頭痛によるめまいの症状

偏頭痛によるめまいの多くは、フワフワと宙を浮いたような非回転性のめまいです。医療機関においては、偏頭痛に関連しためまいであるという診断基準を以下のように定めています。

  • 非回転性のめまいを繰り返す
  • 耳鳴り・難聴などの症状を伴う
  • 2回起きためまいのうち、少なくとも1つに偏頭痛の症状があった
  • 国際頭痛委員会の診断基準を満たす偏頭痛がある(過去にあった)

偏頭痛と関連しためまいは耳の症状(耳鳴り・耳閉感など)を同時に発症することもあるため、メニエール病と診断されることもあるようです。

医療機関を受診する際にはめまいだけでなく偏頭痛があることもしっかり伝えないと、正しい診断・治療に繋がらないこともあるので注意しましょう。

偏頭痛によるめまいの対策と治療

めまいと偏頭痛は同時に発症することもありますが、別々に発症するケースも多いため、それぞれの治療を症状に合わせて行っていきます。

めまいの治療としては、抗ヒスタミン薬の処方や生活指導などがメイン。めまいが起こる人は体内の水分バランスが崩れていることが多いため、適切な水分補給やタイミングなどを指導されることが多いようです。

また、生活リズムや食生活、運動習慣を正しく改善していくことも重要です。

偏頭痛の治療には、痛みが出た際の治療薬(急性期治療薬)と予防薬の処方が行われますが、発作を引き起こす原因を避けるような生活を心がけることが大切。

発作の原因は人それぞれですが、ストレス・眼精疲労・肩コリ・寝不足・特定の食べ物(チョコレート・ナッツ等)などが挙げられます。

自分に影響しやすい要素をしっかり把握し、それらを極力避けることで偏頭痛の発作を減らすことが可能です。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト