めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » 起立性低血圧症

起立性低血圧症

ここでは、めまい・立ちくらみなどの症状を引き起こす、起立性低血圧症の原因について調べています。

起立性低血圧症によるめまいの原因

起立性低血圧症とは、立ち上がった際に血圧が急激に低下する異常。脳への血流が一気に減少し、めまい・立ちくらみなどの現象が起こります。

たとえば横になった状態から立位になると、全身の循環血液量の500~800mlは腹部・下肢へ移行します。

正常であれば調節反射による心拍数の増加・末梢血管の抵抗などで血圧は維持されますが、何らかの原因で調節反射がうまく働かないと血圧が元に戻らず、めまい・立ちくらみなどの症状が起こるのです。

起立性低血圧症の原因として考えられるのは、出血・貧血・脱水・長期の寝たきり状態・過剰な利尿薬の使用など。

動脈硬化症・糖尿病・アジソン病・褐色細胞腫などの疾患でも、起立性低血圧症を起こす可能性があります。

医療機関における起立性低血圧症の診断は、起立試験によって行われます。

横になった状態から立ちあがり、3分以内に収縮期血圧が20mmHg・拡張期血圧10mmHg以上の低下が見られた場合、起立性低血圧症であると診断されます。

起立性低血圧症の症状

起立性低血圧症の症状として多いのは、めまい・立ちくらみ(眼前暗黒感)・ふらつきなど。

人によっては頭痛や動悸、視野の狭窄・かすみ、四肢・全身のしびれなどが見られることもあります。まれなケースではありますが、失神を起こすこともあるので注意が必要です。

これらの症状は、自律神経の働きが鈍い午前中や、血液が消化器系統に集まる食後に発生することが多いようです。

また、起立性低血圧症は強い疲労感が残っていたり、運動・飲酒・脂っこい食事の後などに悪化することが分かっています。

とくに高齢者・妊娠中の女性・思春期の男女がなりやすいと言われているので、該当する方は注意しましょう。

起立性低血圧症の対策と治療

軽い起立性低血圧症であれば、特別な治療は必要ありません。日常生活内で起立性低血圧を起こしやすい動作を控えることにより、症状のコントロールが可能です。

起立性低血圧になりやすい人は、ベッド・いす・湯船などから急に立ち上がったりしないことが大事。

起き上がる・立ち上がるときはなるべくゆっくりと動き、急激な血圧低下を防ぐようにしましょう。下半身の血液ポンプ機能を助ける、弾性ストッキングを穿くのも有効です。

また、疲労・ストレス・生活習慣の乱れで起立性低血圧は悪化します。疲労・ストレスをなるべく溜め込まない生活を心がけ、脂質の高い食事や過度のアルコールなどは避けるようにしましょう。

医療機関における起立性低血圧症の治療は、生活指導を含めた一般療法・薬物療法が基本。

一般療法では、食事の摂り方(十分な水分と塩分、高タンパク・高ミネラルの食材を推奨)・運動療法(ウォーキングなどによる血流改善)・物理療法(弾性ストッキング)などが行われます。

薬物療法としては、循環血漿量を増加させる薬剤や昇圧剤、血管拡張防止薬などが処方されます。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト