めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » 外リンパ瘻

外リンパ瘻

ここでは、めまい・耳鳴りなどの原因となる外リンパ瘻が発生する原因と、その対処法について解説しています。

めまいの原因となる外リンパ瘻とは

外リンパ瘻(ろう)とは、めまい・難聴・耳鳴りなどを主症状とする内耳疾患

中耳と内耳の間にある窓(正円窓と卵円窓)に穴が開き、外リンパ液が中耳に漏出。これにより、平衡機能・聴覚など内耳の機能が不安定になることでめまいが発生します。

外リンパ瘻の原因は日常的な行動・動作が非常に多いのが特徴。

鼻をかむ・くしゃみ・咳・耳かき(鼓膜外傷)・嘔吐・重いものを持ち上げる・いきむ・高層エレベーター・飛行機搭乗・スキューバダイビングなど、「えっ、こんなことで?」と思うようなものが原因となっています。

ほかにも、むち打ち・頭部外傷・全身打撲・中耳・内耳疾患(真珠腫・腫瘍など)・出産なども外リンパ瘻の原因の1つとされています。

外リンパ瘻の症状

外リンパ瘻の主な症状はめまい・難聴・耳鳴りですが、その症状の特徴や出方はさまざまです。

突発性難聴のような症状が出たり、メニエール症候群のようにめまい・難聴・耳鳴りを繰り返すこともあります。

人によっては気分が悪くなってうつ症状が出たり、自律神経失調症・更年期障害のように頭痛・嘔吐・ふらつきなどを訴えることもあるようです。

これらの症状が出るタイミングも不安定で、大きな個人差があります。突然症状が出たかと思えばあっという間に消えたり、同じような症状が継続的に現れたり、数日かけて悪化するケースも見られるのです。

なかには症状が出るときにポップ音(パチッという音)が聞こえることもありますが、外リンパ瘻の存在には気づけないことがほとんどです。

外リンパ瘻の対処・治療法

外リンパ瘻の疑いがある場合は、できるだけ安静にして発症の原因となるような動作を避けることが大切。とくに、うつむいたり・気張ったり・息を止めたりすると症状が悪化することもあるため、くれぐれも注意しましょう。

そして、できるだけ早く専門医(耳鼻咽頭科)を受診する必要があります。医療機関で行われる外リンパ瘻の治療は以下の通りです。

  • 保存的療法
    発症早期の外リンパ瘻で原因が明確になっている場合は、入院による保存的治療が選択されます。安静を保ち、脳脊髄圧を下げるため頭部を30度持ち上げた状態でステロイド治療を実施。瘻孔が自然閉鎖するのを促します。
  • 外科的療法
    保存的療法で治癒が認められない場合や、めまいが激しく症状が悪化・変動を示す場合は外科的療法を選択。手術による瘻孔閉鎖術・内耳窓閉鎖術で、瘻孔を閉鎖します。

外リンパ瘻の合併症として挙げられるのは、自閉感(耳が詰まった感じ)・頭重感・平衡機能障害による歩行障害など。

場合によっては適切な治療を行ってもめまい・難聴などが残ってしまうこともあるため、気になる症状があるときはすぐに専門医で診察してもらうようにしましょう。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト