めまいを改善する漢方・サプリ一押しガイド集 » 眩暈を引き起こす病気 » 更年期障害

更年期障害

ここではめまいの原因とされる病気のひとつ、更年期障害の症状や漢方を用いた対策をまとめています。

更年期障害の症状と漢方を用いた対策

更年期障害とは、閉経期前後の女性に多く見られ、卵巣などの機能低下によってホルモンバランスが乱れ、さまざまな症状を引き起こす病気です。

原因はそれのみならず、急激な生活サイクルの変化や家庭・職場での精神的ストレス、無理なダイエットや不規則な生活も深く関係し、近年では30代前後にも関わらず、めまいや倦怠感といった更年期障害特有の症状に悩まされる「若年性更年期障害」が増え、若い女性のめまいの原因にあてはまる場合もあります。

また、女性特有の病気であると誤解されがちですが、男性にも見られるため、年齢や性別を問わず、誰しも起こりうる病気です。めまいを引き起こす要因のひとつとして、対策と効果的な治療を考える必要があります。

更年期障害の症状

更年期障害の主な症状は以下のようなものが挙げられます。

●めまい
●だるい・倦怠感
●火照り・のぼせ・発汗
●不眠・睡眠障害
●便秘
●動悸・息切れ
●お肌のトラブル
●頭痛
●うつ

この中でもめまいは更年期障害の代表的な症状と言われています。

回転性・浮動性関係なく、1日の内で何度も慢性的に起こるため、多くの方が更年期障害によるめまいに悩まされているといっても過言ではありません。

また、めまいのみで他の症状が出ない場合もあり、更年期障害だと気付けない例も少なくないため、なかなか改善につながりにくい側面もあります。

更年期障害の症状はめまいに限らず、自律神経の乱れやストレスによって起こることが多いとされています。

更年期障害が原因のめまい対策とは

まず体と心を落ち着けましょう。近くの椅子に座ったり、横になって安静にしていることが何よりの対策です。

カルシウムを意識的に摂ることや、簡単なストレッチで肩や首の血行をよくすること、規則正しい生活も更年期障害の症状を和らげる方法のひとつです。

めまいのみならず、更年期障害自体の根本的な治療方法としてホルモン補充療法の他、抗うつ剤や抗不安薬の使用などがあげられます。

中でも、漢方を使った治療は、副作用や使用制限などを気にすることなく、症状の緩和に期待できます。

注目の更年期障害対策:漢方

更年期障害の治療法にはホルモン補充が広く用いられていますが、最近では、漢方の効果が見直されてきています。

加味逍遙散(かみしょうようさん)…血液の循環を良くして体を温め、のぼせやほてりを鎮める。
配合成分:柴胡(さいこ)・芍薬(しゃくやく)・当帰(とうき)・茯苓(ぶくりょう)・山梔子(さんしし)・牡丹皮(ぼたんぴ)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・薄荷(はっか)

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…体内の熱のバランスを整えて冷えやのぼせを改善し、子宮などの炎症を抑えます。
配合成分:桂皮(けいひ)・芍薬(しゃくやく)・茯苓(ぶくりょう)・桃仁(とうにん)・牡丹皮(ぼたんぴ)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…血行を良くして体を温め、貧血を改善する効果やホルモンバランスを整える効果が期待できる。
配合成分:茯苓(ぶくりょう)・白朮(びゃくじゅつ)・沢瀉(たくしゃ)・当帰(とうき)・川芎(せんきゅう)・芍薬(しゃくやく)

上記は更年期障害の3大処方と呼ばれています。またその他にも、更年期障害の症状に効果が期待できる漢方は多くありますので、めまいなどで悩まれている方は、一度、医師に相談してみることをおすすめします。

注目の更年期障害対策:サプリメント

めまいの原因のひとつとされる更年期障害は、体内に女性ホルモンが不足することで発症しやすくなります。

ここでは更年期障害の対策として、サプリメントを活用する方法について紹介したいと思います。

更年期障害対策に有効なサプリメントの特徴

更年期障害は女性ホルモンの供給が急激に減少した場合にみられる症状です。

婦人科や更年期外来を受診して、女性ホルモンを直接補充する方法もありますが、サプリメントとから女性ホルモンを補うことも可能です。

更年期障害対策に有効なサプリメントとしては、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た作用を持つ「植物性エストロゲン」を含んだものが適しています。

植物性エストロゲンは体内に入るとエストロゲンと同じような働きをしてくれるので、急激にホルモンバランスが乱れた時の心強い味方です。

更年期障害対策に有効なサプリメント配合成分

更年期障害に有効とされているのは、漢方成分のほかにも植物由来のものが挙げられます。

植物性エストロゲンを豊富に含む「大豆イソフラボン」、研究でも認められた「ローヤルゼリー」などがあり、どちらも薬ではなく自然由来の成分なので、安全に摂取することができます。

特に大豆イソフラボンは、豆腐や醤油などの大豆製品にも含まれる天然由来の成分であり、更年期の女性は積極的に口にしたい食品です。

しかし食品から十分な量を継続的に摂取するのは難しいため、大豆イソフラボンを配合したサプリメントを摂ることで、エストロゲンを体内に効率良く補うことができます。

ローヤルゼリーについても同様に、自然から採取したローヤルゼリーを一粒の中にたっぷりと配合したサプリメントを摂ることによって、更年期特有の倦怠感や頭痛、イライラなどといった精神症状への改善効果が期待できます。

更年期障害に効果の高い漢方薬を服用している方でも、自然由来の大豆イソフラボンやローヤルゼリーは併用しても問題はありませんので、安心して毎日摂取し続けられます。

更年期障害の症状としてめまいを感じる方にオススメのサプリメント

更年期障害の症状のひとつである「めまい」については、血行不良や自律神経の乱れなどさまざまな原因が考えられますが、栄養不足のように毎日の食生活が原因となっている場合もあります。

普段から食事が乱れがちで、十分なビタミンやミネラルが不足している方については、サプリメントから必要な栄養素を補給することをおすすめします。

「アサヒローヤルゼリーSAI48」や「イソラコン」は、上記で紹介した更年期障害対策に有効な成分を含んでおり、特に疲れた日や更年期障害の症状が強く出た時に飲みたいサプリメントです。

「アサヒローヤルゼリーSAI48」は新鮮なローヤルゼリーをフリーズドライにして粒状にしたサプリメントで、純度100%のローヤルゼリーを直接摂取できる製品です。

ローヤルゼリーの含有量が低いサプリメントとは異なり、自然のままのローヤルゼリーが口にできるサプリメントです。

「イソラコン」は大豆イソフラボンの先駆け的存在である企業によって開発されており、麹菌醗酵技術によって大豆の胚芽からイソフラボンを抽出しており、ビタミンやミネラルも豊富に含有した、更年期障害対策に活用できるサプリメントです。

配合されている大豆イソフラボンは体内への吸収効率が高く、他の製品では効果が実感できなかった方や、漢方と併用したい方にも適しています。

更年期障害対策の一環として、大豆イソフラボンやローヤルゼリーを補うことで、体調を整えたり、辛い症状を緩和するといった効果が期待できます。

ただし自然由来の成分は薬ではないので、飲んでからすぐに更年期障害が治るというわけではありません。ホルモン療法や漢方薬による治療を継続しつつ、体調を整えていくという目的で使うのが理想的です。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト