めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈を引き起こす病気 » 突発性難聴

突発性難聴

ここでは突発性難聴の症状について説明しています。また、漢方を使った治療についてもまとめています。

漢方で症状改善?突発性難聴の原因

突発性難聴はその名称の通り、それまで聴力に問題も無かった人が、突然、難聴になることです。50~60代がかかることが多く、何の前触れも無く耳が聞こえなくなり、多くの場合、左右どちらかの耳に発症します。

発症した人の多くが野菜不足だったり、発症前に疲労感を強く感じていたという検証結果がありますが、原因は特定されておらず、また飲酒や喫煙との因果関係も認められていません

仮説の域を出ませんが、ウイルスの感染によって引き起こされるという説と、血液の循環障害が原因であるという二つの説が有力とされています。

  • ウイルスの感染説…再発がほとんどなく、発症前には風邪のような症状が多く見られる点、ウイルス性疾患であるおたふく風邪や麻疹なども突発的な難聴を伴うことより、ウイルスの感染による説が有力とされています。矛盾点はないものの確定とされておらず、仮説のひとつとなっています。
  • 血液の循環障害説…突然の発症を裏付ける上で、内耳血管の出血や血栓などの循環障害は有力とされ、血管を拡張する薬や抗血栓剤などが治療薬として効果をあげている点からも、有力な説とされています。しかし、再発がほとんどない点を説明するには不十分であり、未だ仮説のひとつとして扱われています。

このように、急に発症した難聴のなかでも、原因不明であり再発することがほとんどないものを、突発性難聴と呼んでいます。

原因が不明であるため、確実な治療法は確立されておらず、さまざまな薬剤の有効性にも、結論は出ていません。

そういった理由から、体のバランスと体調を整える漢方は、予防ならずとも症状を改善するとして、注目を浴びています。

突発性難聴の症状

耳鳴りや耳の閉塞感を伴って発症することが多く、突発性難聴と診断された人の半数近くが、強いめまいを感じたというデータがあります。めまいとともに吐き気を訴えるケースもあるようです。

「何かをしている時」「朝起きた時(就寝中)」など、聴こえなくなった瞬間を明言できることが突発性難聴の条件であり、いつ聞こえなくなったか分からないレベルの難聴は、突発性難聴とは呼ばないそうです。

突発性難聴が原因のめまいの場合、回復した後は繰り返さないことがわかっています。

耳の聞こえが悪くなり、めまいが繰り返されている状態に加え、両手足の痺れや意識・言語障害などを伴う場合も、すぐに精密検査を受けましょう。

漢方医学で診る突発性難聴

中国や日本に古くから伝わる漢方などの東洋医学では、「体のエネルギー・血液・血液以外の体液」が体の主な構成要素とされます。

どれかひとつを良くするのではなく、すべてのポイントをバランスよく安定させ、体の健康を保つという考えです。

突発性難聴は東洋医学では、人間の五臓のうち「腎」と「肝」に原因があると考えられています。「腎」と「肝」に効果のある漢方薬は数多くあります。

病院で処方されて薬で突発性難聴が改善されない場合、一度、漢方薬を試してみることをおすすめします。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト