めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 眩暈と同時に起こる症状 » 高血圧が引き起こす症状とその対処法

高血圧が引き起こす症状とその対処法

高血圧とめまいの関係性と改善方法

めまいを引き起こす要因の1つに高血圧があります。近年、日本で高血圧に悩んでいる人は3000万人以上いると言われています。もはや国民病とも言えるレベルです。しかし、この数字は自分が高血圧であると自覚している人の人数なので、自分が高血圧であることに気付いていない人も含めると、その数はもっと大きくなるでしょう。

高血圧の恐ろしいところはそこにあります。別名サイレントキラーと呼ばれるほど、自覚症状がなく気付かないうちに症状が進行していくのが高血圧の特徴です。しかし、血圧が高い状態が続くと私たちの体には様々な症状が現れ始めます。その症状の1つがめまいです。

ここでは、高血圧とめまいの関係性や、めまいの改善方法について詳しく説明していきます。

高血圧とめまいの関係性

高血圧の人は動脈硬化になる傾向にあります。血管が傷ついて血液が流れにくい状態になっているため、血管が詰まり心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす場合があります。実はこれはめまいにも関係しています。

人間は耳の奥にある三半規管という器官でバランスを保っています。しかし、高血圧で血液の流れが悪くなってしまうとその器官に十分に血液が行き渡らないため、クラクラしたりふらついたりしてしまうのです。

高血圧と併発するめまいの種類

高血圧だとめまいが起こると思っている人は多いですが、厳密に言うと高血圧が引き起こす疾患が原因でめまいが起こります。どんな疾患なのかは、めまいの種類によって見分けることができます。

【こんな経験ないですか?】 『Sさんのケース(浮動性めまい)』

もともと高血圧なのですが、体調が悪い日はいつも以上に血圧が高くなってしまいます。そうなると、頭がフワフワしてまっすぐ歩けなくなってしまうんです。家ならまだしも、会社でそうなったらどうしようと毎日ヒヤヒヤしています。

頭がフワフワするのは「浮動性めまい」

頭がフワフワするめまいは、浮動性めまいと呼ばれています。脳梗塞や脳出血などの中枢性疾患が原因でめまいを引き起こします。まず高血圧から始まり、次に「動脈硬化」→「中枢性疾患(脳梗塞・脳出血)」→「浮動性めまい」という流れです。つまり、浮動性めまいは命に関わる危険な疾患のサインということなので、早めに病院へ行って治療をする必要があります。

【こんな経験ないですか?】 『Yさんのケース(立ちくらみ)』

スーパーで働いています。しゃがんだ状態で品出しをした後に立ち上がると、たまにクラッとなることがあります。すぐに治まるのでそこまで気にしていませんが、そのまま放置しておいても大丈夫なのか気になります。

立ち上がる時にクラッとするのは「立ちくらみ」

「立ちくらみ」は恐らく多くの人が聞いたことがある症状でしょう。人間は座った状態から立ち上がる時に、重力の関係で全身の血液が足に溜まります。そうなると、一時的に心臓に戻る血液が減ってしまい血圧が下がります。高血圧の人は全身に血液を流すという対応が上手くできなくなっているので、脳に十分な量の血液を送れず、クラッとすることがあるのです。

高血圧によるめまいの改善方法

めまいの症状が出たらその場を動かずに、まずはしゃがみましょう。めまいがする状態で歩くと、ふらついて倒れてしまうかもしれません。転倒して頭を打ってしまったら大変です。めまいが治まるまでしばらく安静にしておきましょう。

高血圧の人の場合は、何か重大な疾患の可能性もあります。「ただのめまいだから大丈夫」ではなく、命に関わることですから、念のため病院で検査してもらいましょう。

高血圧によるめまいの症状を改善するならサプリメントか漢方薬

自分のめまいの原因が高血圧なのであれば、血圧を下げることでめまいも改善されるでしょう。血圧を下げるには栄養バランスのとれた食事をとることが重要になってきます。しかし、仕事が忙しかったり家事や子育てに忙しかったりすると、そんな余裕はないですよね。そこでおすすめしたいのが、サプリメントや漢方薬です。「どんなサプリメントを選べばいいのか分からない」「高血圧に効く漢方薬が知りたい」という人のために、サプリメントの選び方や漢方薬の種類について紹介していきます。

症状を改善できるサプリメント選びのポイント

ミネラルが配合されている

カリウムやカルシウム、マグネシウムといったミネラルには血圧を下げる効果があります。カリウムには体内の余分な塩分を、尿として体外に排出する働きがあります。血液中に塩分が多いと高血圧になってしまうため、カリウムは積極的に摂取するようにしましょう。

また、カルシウムには血管を収縮させる副甲状腺ホルモンやプロビタミンDの分泌を抑制する働きがあります。血管の収縮を防ぐことで血圧の上昇を抑えることができるのです。そして、そのカルシウムの働きを助けてくれるのがマグネシウムです。マグネシウムには血管を弛緩させる働きがあるため、血圧を下げて正常に保ってくれます。サプリメントを選ぶ際は、ミネラルが配合されているかどうかチェックしてみて下さいね。

ナットウキナーゼが配合されている

生活習慣や食生活の乱れは血中コレステロールや中性脂肪が増える原因となり、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになると血管が詰まりやすくなり、当然血圧も高くなってしまいます。ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があり、血液の流れをスムーズにしてくれます。血流がスムーズになることで心臓にかかる負担も少なくなり、血圧も下がるという仕組みです。ナットウキナーゼは納豆を食べることで摂取できますが、毎日食べるのが難しいという人はナットウキナーゼが配合されているサプリメントで手軽に摂取しましょう。

症状を改善できる漢方薬の種類

漢方には「証」といって薬選びの目安となるものがあります。「証」には、「実証タイプ」と「虚証タイプ」の2つがあり、それぞれに最適な漢方薬が異なります。

では、「証」ごとにどんな漢方薬が最適なのか見ていきましょう。

 

 

【実証タイプ】(特徴:筋肉質、声が大きい、血行が良い、疲れにくい、食欲旺盛)

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

高血圧によるめまいやほてりといった症状に効果のある漢方薬です。高血圧以外にも、不眠症や神経症、胃炎、皮膚病などに使われます。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

体力は中程度で月経痛や便秘に悩まされている人に処方されることが多い漢方薬です。高血圧によって引き起こされるめまいや頭痛、肩こりといった症状に効果があります。

 

 

【虚証タイプ】(特徴:やせ形、声が小さい、顔色が悪い、疲れやすい、低血圧)

釣藤散(ちょうとうさん)

高血圧で中年以降の人に処方されることが多く、めまい・のぼせ・頭痛といった症状を緩和する効果があります。朝目が覚めた時に頭が重いと感じたり、起きてしばらくすると痛くなくなったりする頭痛に効きます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

更年期障害や月経障害などの婦人科系疾患がある人に適している漢方薬で、めまいや動悸、腰痛などに効果があります。

最近は血圧を下げるサプリメントがたくさん販売されています。数が多すぎてどんなサプリメントを選べばいいのか分からないということであれば、まずは上で挙げたポイントを参考に選んでみてください。

漢方薬は自分の体格や体質に合ったものを選ぶことが大切です。自分の「証」のタイプを知り、最適な漢方薬を選びましょう。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト