めまいを改善する漢方・サプリ一押しガイド集 » めまいの予防方法 » マッサージ・つぼおし

マッサージ・つぼおし

突然発生するめまいに悩んでいるのであれば、症状が現れた時にすぐに対応できるようにマッサージやツボ押しを行いましょう。これらの方法は道具を使わずに実践できるのが魅力です。

予防のためにも効果的なので、それぞれの具体的なやり方や効果が得られる理由についてご紹介します。

めまい予防に効果が期待できるマッサージ

何となくめまいがしそう…といった予感がしたときに予防の意味を込めてマッサージを取り入れてみましょう。めまいの中には血行不良が原因で発生するものもありますが、マッサージを実践することにより血行が良くなりめまいの予防効果が期待できます。

特に首の周りの筋肉が硬くなった際にめまいに繋がりやすいので、こまめにマッサージをして血行を良くしておきましょう。

マッサージ方法とポイント

首のマッサージが効果的なので挑戦してみてくださいね。やり方は簡単で後頭部から首にかけての筋肉をほぐすということ。

人差し指から小指までの4本を使ってうなじから頭頂部あたりまで念入りにマッサージしましょう。

それから、耳のマッサージをするのもおすすめです。耳の上部をつかみ、様々な方向に軽く引っ張るようにして刺激を与えます。続いて上側・真ん中・下側と位置をずらしながら耳を折りたたみましょう。

全体的に引っ張る動作と耳を折りたたむ動作をそれぞれ10回ほど繰り返します。

実践していると少しずつ耳が温かくなりますが、これは血行が良くなった証拠です。気づいた時に行ってみてくださいね。

マッサージがオススメの場面

マッサージはいつ行っても良いのですが、普段から時間やタイミングを決めて行っておくと予防効果が期待できます。めまいが発生してから実践するのも良いのですが、それだと状態が改善するまでに時間がかかってしまうので、朝起きた時、お風呂から上がった時、寝る前などタイミングを決めて実践するのがおすすめです。

また、仕事中などはなかなか本格的なマッサージができませんが、首を大きく回すだけでも血行が良くなりめまいの予防効果が期待できるので実践してみてくださいね。

めまい予防に効果が期待できるツボ押し

マッサージだけでなくツボ押しも実践してみましょう。体にはたくさんのツボがありますが、その中にはめまいの改善に効果的なツボもあるのです。

どのツボを押すのかによって働きが異なりますが、マッサージと同じく血行促進効果のあるツボや体の機能を高めてめまい改善を目指せるツボなどがあります。

ツボ押し方法とポイント

おすすめなのは翳風(えいふう)というツボ。耳たぶの裏側にあるツボで、首の骨と耳の間に少しくぼんだところがあります。ここはめまいのほか、顔のむくみ改善にも効果的なツボです。

めまいの原因の一つに内耳の機能がうまく働いていないことが挙げられるのですが、翳風は内耳の機能を高めるツボなので刺激してみましょう。

人差し指や中指で左右同時に押します。気持ち良い程度の力加減を意識し、ゆっくり10回ほど押してみましょう。

それから、竅陰(きょういん)と呼ばれるツボもおすすめ。こちらは血液循環機能を高めてくれるツボなのでめまいのほか、立ちくらみの改善にも効果があります。

場所はこちらも耳の真ん中あたりの後ろ側、骨の内側にあるくぼみのあたりに位置しているツボです。

ゆっくり呼吸をしながら中指を使って10回ほど左右同時に刺激しましょう。

ツボ押しがオススメの場面

マッサージは少し目立ちますが、ツボ押しはそれほど目立ちません。そのため、外出中に突然めまいを感じた時やめまいがしそうな予感があった時にもすぐに実践できるのが魅力です。

耳の後ろのツボは外でも刺激しやすいので、ぜひめまいに悩んだ場面で役立ててみてくださいね。

まとめ

マッサージやツボ押しは薬ではないため、必ずしも即効性が感じられるとは限りません。ですが、いつでも実践できて薬や道具を使わない対策があると心強いですよね。「マッサージをしたからひどくならないはず」、「ツボ押しをしたから大丈夫」といった気持ちは安心に繋がるのではないでしょうか。

マッサージやツボ押しは外出先でも実践しやすいため、万が一めまいがしそうな予感がしたらすぐに実践するのがおすすめ。もちろん、症状がひどい場合は薬を取り入れなければ状態が改善しない場合もあるので注意が必要です。

あくまですぐに薬を飲めない時や、薬を飲むほどではない軽度のめまいの時、薬を飲んだけれどもなかなか状態が良くならない時などに実践してみましょう。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト