めまいを改善する漢方・サプリ一押しガイド集 » 症状別に見るめまいの原因と種類

症状別に見るめまいの原因と種類

ここでは、めまいを症状別に種類分けし、それぞれの考えられる原因を解説しています。

症状別:めまいの原因と種類を調査

ひとくちにめまいと言っても、悩まされる症状はさまざま。ここではそんなめまいの症状を3種類に分類し、それぞれの考えられる原因について調査しました。

めまいの種類

めまいは症状によって、次のように分類できます。

  1. 目が回ったように感じる回転性めまい
  2. 浮いているように感じる浮動性めまい
  3. 目の前が真っ暗になる立ちくらみめまい

これらの3つはめまいという括りながら、発症の原因はそれぞれ異なっており、もちろん対処の方法も違っています。回転性・浮動性・立ちくらみの原因や対処法を解説していますので、ぜひ、参考にしてください。

特別な状況で起きるめまいの種類

めまいの中には特別な状況で起きるめまいもあります。具体的にどんな状況で起こるのか紹介します。

寝ているときや寝返りをうった時のめまい

寝返りをうった時に激しい回転性のめまいが起こることがあります。そのままじっとしていれば数秒~1分くらいで治まりますが、人によっては軽い吐き気を伴うこともあります。このめまいは、内耳の部分的な障害や内耳の働きが敏感になっていることが原因だと言われています。

頭を動かしたときに起きるめまい

頭や体を一定の位置にすると、激しい回転性のめまいが起こることがあります。そして、頭や体を元の位置に戻すと、そのめまいはなくなります。

内耳から起こる「良性」のめまいだった場合は、頭を何度か同じ位置にしていればだんだん治まりますが、「悪性」の場合はなかなか治まらず長時間めまいが続きます。そして、吐き気や激しい頭痛を引き起こすこともあります。

このめまいの原因は、体の平衡を司る部位の障害です。他にも、小脳出血や小脳の委縮などが原因であるケースも多いです。

首を急に回したときに起こるめまい

首を回したり、顔を上下に動かしたりした時に起こるめまいのことで、回転性めまいの他に浮動性めまいや眼前暗黒感といった症状もみられます。他にも、ものが二重に見えるといった視覚障害や、気が遠くなるといった意識障害が現れることもあります。

原因として、動脈硬化・椎骨動脈の圧迫などが挙げられます。

中耳炎になった時に起こるめまい

中耳炎にはいくつか種類がありますが、中でも「限局性内耳炎」と「びまん性内耳炎」はめまいを引き起こします。「限局性内耳炎」の場合は、真珠腫が内耳の骨を壊すことでめまいが起こります。

「びまん性内耳炎」の場合は、中耳炎を引き起こした細菌が内耳まで入り込むことで、激しい回転性めまいが起こります。また、慢性中耳炎の人も注意が必要です。中耳炎による耳だれが続くと、内耳の働きが悪くなりめまいを起こすことがあります。

女性に多く見られるめまいの種類とは?

めまいに悩まされている人の多くは女性です。なぜ女性が多いのか、その原因を探ってみましょう。

クラクラめまい

立ち上がった時にクラクラしたことがある女性は多いのではないでしょうか。これは思春期や20代の女性に多くみられるめまいで、「起立性低血圧」や「起立性調整障害」と呼ばれています。

人が立ち上がる時、重力で血液が体の隅々まで送られるようになっているのですが、低血圧であったり血液の循環が悪かったりすると、血液が心臓に戻りにくくなってしまいます。

そうなると、脳の血流が一時的に不足してしまい、立ちくらみが起こるのです。他にも、貧血気味の人や痩せ気味の人もこういった症状が起こりやすいです。特に女性は月経もあるため、鉄分が不足し貧血からめまいを起こすことが多いのです。貧血にならないようにするためにも、普段から栄養バランスの良い食事をとり、規則正しい生活を送るようにしましょう。

グルグルめまい

グルグルめまいは「良性発作頭位めまい症」と呼ばれており、女性は男性の2~3倍なりやすく、特に40代以降の女性に多いです。

グラグラめまいは、内耳にある耳石というカルシウムの粒が一部はがれて三半規管の中に落ちてしまい、それによって平衡感覚に異常をきたすことで起こります。

40代以降の女性は、閉経の影響でカルシウムの吸収率が悪くなる傾向にあるのですが、そうなると耳石がもろくなり、はがれやすくなってしまうのです。

対策としては、カルシウムを積極的に摂取するようにして、普段から体を動かすようにすることです。安静にしておいた方がいいのでは?と思うかもしれませんが、安静にしておくとはがれた耳石が同じ場所に留まった状態となり、やがて塊となってしまいます。適度に運動をするようにして、健康的な生活を心がけましょう。

どんな人がめまいを起こしやすい?

めまいによって併発される吐き気や嘔吐、肩こり、頭痛、難聴、耳鳴りなどの副症状についても、考えられる原因とその対処法をまとめました。

例えば、肩こりがある人は、首や肩の筋肉が緊張して、血液循環が悪くなりがちです。そのため、脳の血液が足りなくなって立ちくらみタイプのめまいを起こしやすくなります。

また、ストレスもめまいを起こす大きな要因の1つであり、ストレスがたまることで左右の内耳バランスをカバーする小脳の働きが低下します。

目が回る・ふらふらするといった典型的なめまいの症状が起こりやすくなる他、精神的な負担はフワフワと浮いているようなめまいを引き起こします。

などなど…まずはめまいによって起こる症状、原因と対処法を知ることが、改善への第一歩です。

「自分に当てはまるかも…」と思った方は、ぜひチェックしてみてください。

まだまだある!めまいの原因まとめ

様々なめまいの原因についてご紹介しました。ですが、これ以外にも考えられる原因はいろいろとあります。

ストレス

ストレスを感じた時だけめまいが起きる場合は、ストレスがめまいを引き起こしている原因の可能性もあります。大きな理由はストレスによって自律神経が乱れていること。

自律神経には交感神経と副交感神経という2つがあるのですが、ストレスを感じると交感神経が活発になり、血管が収縮します。これによって体のバランス能力をつかさどっている三半規管に血液がうまく流れなくなり、めまいにつながることがあるのです。

また、強いストレスを感じると耳鳴りを感じる方もいます。耳鳴りのほかにめまいも感じているのであれば、ストレスを溜め込んでいないかを考えてみましょう。

寝不足

睡眠時間が足りないとめまいが起こりやすくなります。足元がふわふわするようなめまいが起こり、主に自律神経のバランスの乱れが原因です。普段から寝不足気味の方は、慢性的なめまいが起きる可能性もあります。

食事の偏り

偏食気味だったり、ダイエットをしているなどの理由から食べているもののバランスが悪い場合、めまいを感じやすくなります。特に、血液の流れを良くする青魚類などが不足すると体内の血流が滞り、めまいにつながってしまう恐れがあるのです。他にもビタミンEには血行を促進する働きがあるので積極的に取り入れましょう。

首の歪み

体の中に歪みが発生しているとめまいにつながる恐れがあります。特に、首の歪みが発生していると歪みが原因で神経の伝達がうまくできなくなり、自律神経の乱れにつながることがあるのです。

また、めまいを発生させる原因は首の歪みにあったとしても、首の歪みを発生させる原因が骨盤や足首の歪みによるケースもあります。自分の体が歪んでいないかカイロプラクティックや整体でチェックしてもらいましょう。

コーヒーの飲み過ぎ

コーヒーが好きで毎日たくさん飲んでいる方もいるはず。ですが、コーヒーを飲みすぎたことにより発生するめまいもあるようです。

コーヒーを飲むと眠気が冷めますが、これはコーヒーに含まれているカフェインが大きく関係しています。カフェインは神経を興奮させる働きがあり過剰摂取をすると自律神経の乱れにつながる恐れがあるのです。

一日当たり3~4杯程度であればそれほど気にする必要はありませんが、極端に飲み過ぎないように注意しておきましょう。特に近年はエナジードリンクが流行しており、エナジードリンクにはたくさんのカフェインが含まれています。試験勉強や仕事の徹夜をサポートしてくれるアイテムとして取り入れている方がたくさんいますが、過剰摂取にはならないように気を付けなければなりません。

コーヒーやカフェインを取ったあとにめまいを感じる場合、取り入れる量を減らしてみましょう。

熱中症

夏、朝起きた時にめまいを感じるようであれば、寝ている間に熱中症になってしまった可能性があります。寝ている間は意識がないので不快な症状を感じにくいのですが、エアコンや扇風機が夜中に止まるような設定をしていると、朝起きるまでの間に体はどんどんほてり、大量の汗をかきますよね。

また、寝ている間は水分を摂取しないため体内が脱水状態に陥り、朝起きた時にめまいを感じることがあるのです。夏、特に寝苦しい日は寝る前にコップ一杯の水を飲むなどして熱中症対策をとりましょう。

できることならば、夜はタイマーをつけるのではなくてエアコンを付けっ放しにして寝るのが理想的です。特に高齢者の方は熱帯夜でなくても夜間の熱中症が発生しやすいので十分に気を付けておきましょう。

このように、実に様々な理由でめまいは発生します。だからこそ自分の原因はどこにあるのかわかりにくいのですが、思い当たる原因を一つ一つ確認してみてくださいね。

目が回る

耳の中で炎症が起きるなどして目が回る症状は「回転性めまい」と呼ばれます。また、回転性めまいの中にはリンパ液の中にカルシウムが混入して起こる「良性発作性頭位めまい症」や、三半規管のリンパ液が増えることで起こる「メニエール病」なども含まれます。

回転性めまいの対処法は、塩分や水分を控えること、その他カフェインや喫煙なども控え、頭を動かさずにゆっくりと過ごすことがポイント。安静に過ごしている間は、漢方やサプリメントを取り入れることも一つの方法となります。

目が回るの詳細をチェック>>

ふわふわする

ふわふわと浮くようなめまいの症状は「浮動性めまい」と呼ばれ、脳幹や小脳に関わる中枢神経のトラブルによる「中枢性めまい」、自律神経失調症や甲状腺機能低下、糖尿病などによる「全身性めまい」、抗生物質や降圧剤などの薬の影響による「薬剤性めまい」の3種類に分けられます。

耳の異常によって引き起こされるものは「回転性めまい」と呼ばれ、浮動性めまいとは異なります。反対に、脳神経などの脳の異常からは「浮動性めまい」「動揺性めまい」が引き起こされ、それぞれ投薬治療や理学療法、自宅での睡眠や休息によって改善することができます。

ふわふわするの詳細をチェック>>

目の前がまっくらになる

目の前がまっくらになる病気には「立ちくらみ」が挙げられます。意識が遠のき、そのまま失神することもある症状です。

立ちくらみのめまいが起きる原因には、心臓の病気・自律神経失調症・薬の副作用や出血・精神的ショックによる低血圧などが考えられます。

立ちくらみを防ぐためには、急に立ち上がったりする動作を避け、ゆっくりと姿勢を変えるようにします。また、予防のために漢方やサプリメントを取り入れて、体の中から環境を改善していく方法もあります。

目の前がまっくらになるの詳細をチェック>>

息苦しくて動悸がする

息苦しく、動悸をともなうめまいの症状は、不整脈やホルモンバランスの乱れ、貧血などさまざまな疾患が隠れている場合があります。

胸の痛みが出ている場合は急性心筋梗塞が、精神的なストレスが強い場合にはパニック障害などが起きている可能性がありますが、低血圧や高血圧など血圧に変化が起きた時にも、動悸をともなうめまいの症状が現れやすくなります。

動悸とめまいが同時に起こる場合はすぐに病院を受診する必要がありますが、普段から自律神経が乱れないようにリラックスを心掛け、十分に睡眠を摂ることも予防策の一つとなります。

息苦しくて動悸がするの詳細をチェック>>

生理前(PMS)のくらくらするめまい

生理前の女性にはPMS(月経前症候群)と呼ばれる症状が現れることがあります。PMSは生理前3~14日の間に起こる不調のことで、めまいもPMSの一つとして考えられています。

対処法としては、カフェインやアルコールの摂取を控え、ウォーキングなどで軽く汗を流したり、半身浴でリラックスするなどの方法が挙げられます。

また、食生活の中では不足しがちな鉄分やビタミン、または漢方薬などで体調不良にアプローチすることもできます。

生理前(PMS)のくらくらするめまいの詳細をチェック>>

【番外】併発する症状

眩暈に付随する症状としては、吐き気や嘔吐・肩こりや首のこり・頭痛・耳鳴りや難聴などが挙げられます。これらの症状を引き起こしている原因には、血流量の問題や神経系のトラブル、三半規管の異常などさまざまで、病院で正しく診断を受けることが大切です。

眩暈の原因に動悸が加わる場合には、脳や心臓などの臓器が原因となっている可能性もあるため、早期に専門医で検査を行う必要があります。

【番外】併発する症状の詳細をチェック>>

めまいを治す診療科とは【正しい治療方法を選択】

めまいは耳や脳神経の異常など、さまざまな原因によって引き起こされます。めまいを感じた時にはまず耳鼻咽喉科で受診を受けますが、視力障害や頭痛などを生じている場合には神経内科や脳神経外科を受診しましょう。

治療の流れとしては、問診から聴覚に関する検査、平衡検査、レントゲン検査などを経て、病名を確定していきます。内耳などに問題がある場合は手術が必要になることもあり、薬物療法や生活指導、心理療法など症状に応じた治療を加えていきます。

めまいを治す診療科とは【正しい治療方法を選択】の詳細をチェック>>

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト