めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 症状別に見るめまいの原因と種類 » ふわふわする

ふわふわする

ここでは、吐き気やふらつきが主症状の、浮動性めまいについてまとめています。

吐き気を伴う浮動性めまい

浮動性めまいは脳幹や小脳などの中枢神経に起因し、立っていたり歩いていたりする時にふらつき、時には吐き気をもよおすめまいです。浮動性めまいはさらに3種類に分けられます。

中枢性めまい

中枢性めまいは、脳幹や小脳といった中枢神経の異常が、めまいとして体に現れます。

そのため、脳幹や小脳の腫瘍や、脊椎変性症など、中枢神経に大きな異常が起こっている可能性があります。

特に脳腫瘍の場合、初期症状が分かりづらく、時が経つにつれて徐々に病状が重くなる傾向にあります。長期間にわたって症状が改善されない場合は、中枢性めまいの可能性が高いです。

めまいで一番重要なのは、体に現れる症状に、大きな病気が隠れていないか検査を受けることです。

浮動性めまいは日常に多く見られる、ふらつきや頭痛といった状が軽度であるケースがほとんどです。しかし、中枢に関わるめまいであった場合、症状が出た頃には比較的病気が進行した状態であり、自分で判断するのは困難を極めます。

脳神経外科では、めまいの検査にも対応しているので、少しでも体に異変を感じたら受診することをおすすめします。

全身性めまい

全身的な問題からめまいが起こる全身性めまいの主な原因は、自律神経失調症です。脳幹は自律神経の大元でもあるので、心拍や血圧、呼吸、平衡感覚、嘔吐反射などの神経がまとまっています。

そのため、自律神経失調症になると、これらの神経に何らかの異常が起こるので、吐き気がしたりふらつくめまいが起こるのです。中には発熱や貧血の症状が現れるケースもあります。

また、糖尿病や甲状腺機能低下、心因性の疾患など、神経に関わる病からも全身性めまいは引き起こされます。

これらは、原因元となるストレスや病気の改善を試みることにより、多くの場合は解消されます。めまい自体を治そうとするのではなく、その原因を知ることが最善の対処法といえるでしょう。

薬剤性めまい

薬剤性めまいはその名の通り、薬によって起こるめまいです。抗生物質や精神安定剤、降圧剤、抗パーキンソン病薬の他、市販の風邪薬を飲んだ際にも、副作用として現れる場合があります。

最近では、その薬のことを簡単に調べることができますし、飲み合わせが原因となる場合も多く存在するため、ある程度は自分で防ぐことが可能です。

しかし、自分の体質に合うか合わないかまでは、調べても分かりません。薬を飲んだ時だけ、めまいが起こる場合は、医師、または薬剤師に必ず相談しましょう。

このように浮動性めまいは、発症の原因となる部位が幅広く、症状を見ただけでは原因を特定することができません。先に述べたように、深刻な病気の予兆である可能性もあるので、心配な方は一度、医師の診察を受けてみることをおすすめします。

それでも、現代医学では、めまいの発生原因を突き止め切れないケースがあることも事実。そのような場合は、諦めるのではなく、漢方薬やサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

めまいを起こす病気

めまいは、病気によって引き起こされることもあります。ここでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

耳の異常によって引き起こされるめまい

耳の異常によって引き起こされるめまいは、回転性めまいが特徴的です。

  • 中耳炎
  • めまいは、中耳炎でも引き起こされることがあります。耳にウイルスが感染したり、内耳に中耳炎が広がったりすると、激しいめまいに襲われることがあるのです。

  • 突発性難聴
  • 突発性難聴とは、急に耳が聞こえなくなる病気です。主に、片側のみ発生することが多いようです。突発性難聴の原因は不明と言われており、めまいの症状を伴うこともあります。

  • メニエール病
  • 主な症状は、耳鳴り、頭痛、難聴、吐き気、めまいを起こします。回転性めまいが突然引き起こされるため、平衡感覚に支障をきたします。

  • 良性発作性頭位めまい
  • 急に頭を動かしたり、起き上がる際に頭をあげたりした時に引き起こされるのが、良性発作性頭位めまいです。このめまいは、数十秒でめまいの症状が軽くなります。

  • 前庭神経炎
  • 耳によって引き起こされる病気ですが、難聴や耳鳴りの症状がでません。激しい回転性めまいの症状がでます。

脳神経や脳異常から起こるめまい

脳神経や脳異常によって起こるめまいは、以下の通りです。浮動性めまい動揺性めまいが多くみられます。

  • 脳血管障害または脳血流障害
  • 高齢者に発生することが多い病気です。高齢者のめまいは、脳血管障害・脳血流障害が原因となっている傾向にあります。

  • 聴神経腫瘍
  • 脳の異常から起こる聴神経腫瘍は、耳鳴りが主な症状となります。症状が悪化すると、めまいや難聴をはじめ、顔の神経に異常が出ることもあります。

  • 脳腫瘍
  • 脳の腫瘍によって、めまいの症状がでます。

  • 癲癇(てんかん)・うつ病
  • 神経科の病気によって起こる、癲癇(てんかん)やうつ病の症状にも、めまいが起きます。

  • パーキンソン病
  • 神経内科の病気によって起こるパーキンソン病の症状の一つに、めまいがあります。

めまいの治療方法

めまいを早急に治すためには、原因を明確にした上で適切な治療を施すことが大切です。ここでは、めまいの様々な治療法について解説します。

治療薬

めまいの多くは、投薬治療で治すことができます。しかし、吐き気といった症状が出ている場合は、服薬をすることはできません。

そのため、点滴や注射で対応することもあります。めまいの治療で使用される薬についてみていきましょう。

  • 循環改善薬・抗めまい薬
  • この二つは、回転性のめまいに処方されることが多いです。内耳や脳には三半規管(さんはんきかん)と呼ばれる、めまいの発生と深くかかわっている場所があります。

    薬を服用することで、内耳や脳の血流を良くすることができるのです。そのため、体のバランスを整えることができ、めまいの症状に効きます。

  • 浸透圧利尿薬
  • 浸透圧利尿薬は、主にメニエール病で処方されています。めまいや難聴、耳鳴りの原因となっている、内耳のむくみを改善するための薬です。

  • 抗不安薬
  • めまいに対するストレスや不安感によって、症状が悪化することも少なくありません。それを防ぐためにも、抗不安薬を処方します。

  • 自律神経調整薬
  • めまいの原因が自律神経の乱れにある場合は、バランスを整えるために自律神経調整薬を処方します。

その他の治療方法

めまいの治療法は、服薬以外でも治療方法があります。

  • 手術を受ける
  • 服薬で改善しなかった場合は、手術を行う必要があります。メニエール病では、内耳に溜まっている内リンパの除去や、前庭神経を切除といった手術が施されます。

  • 理学療法
  • この方法は、良性発作性頭位めまい症で行われます。内耳にある耳石を正常な位置に戻すための頭位運動を、理学療法を用いて改善していきます。

  • 平衡訓練
  • 三半規管の異常によって、めまいが頻繁に起きると体のバランスが取れなくなってくることがあります。そのような症状がある場合は、頭や目線を動かしたり、足ふみの運動を繰り返したりする平衡訓練を行います。

対策方法~日常生活で心がけること~

めまいを悪化させないためには、日常生活に気を付けることが大切です。

  • 食生活に気を付ける
  • 規則正しい食生活を送ることは、基本中の基本です。栄養バランスのとれた食習慣を意識することで、めまいを引き起こす要因となる血行不良が改善されます。

    特に、水分や塩分の取りすぎには注意が必要です。

  • お酒やたばこは控える
  • 飲酒は脳の機能を低下するため、めまいの悪化につながります。

    たばこも、ニコチンの影響によって血管の収縮を起こします。それにより血液の流れが悪くなり、めまいを引き起こす原因になるのです。

    これらは、めまいだけではなく生活習慣病を引き起こす恐れもあるので、どちらも控えるに越したことはありません。

    • 十分な睡眠をとる
    • 睡眠不足はめまいの発生につながります。生活リズムをしっかり整え、十分な睡眠を取るように心がけましょう。

    日常生活用に漢方・サプリを持っておくと安心

    ふわふわするタイプのめまいは重大な病気が隠れている可能性もあるので病院で診察を受けることが大切です。ですが、検査を受けたものの大きな異常は見つからず、具体的な対策がない場合は、日常生活で取り入れられる漢方やサプリを活用してみましょう。 食生活に注意したり、お酒やタバコを控えることは非常に重要です。しかし、それだけではなかなかめまいが改善しないこともあるため、さらに効果的にめまいを抑えるのに向いている漢方・サプリを取り入れましょう。

    規則正しく健康的な生活を送ることがめまい改善のために重要だとわかっているものの、難しい方もいますよね。仕事などが忙しくて生活が乱れてしまうこともあるかもしれません。 生活習慣が乱れると吐き気を伴うめまいの症状が出る場合は、めまいに働きかける漢方やサプリがあれば状態を抑えたり、早く治めるのに役立ってくれるでしょう。

    浮動性めまいの改善におすすめの漢方薬・サプリメント一覧はこちら

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト