めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 症状別に見るめまいの原因と種類 » ふわふわする

ふわふわする

ここでは吐き気やふらつきが主症状の浮動性めまいについてまとめています。

吐き気を伴う浮動性めまい

浮動性めまいは脳幹や小脳などの中枢神経に起因し、立っていたり歩いている時にふらつき、時には吐き気をもよおすめまいです。浮動性めまいはさらに3種類に分けられます。

中枢性めまい

中枢性めまいは脳幹や小脳といった中枢神経の異常が、めまいとして身体に現れます。そのため、脳幹や小脳の腫瘍や、脊椎変性症など、中枢神経に大きな異常が起こっている可能性があります。
特に脳腫瘍の場合、急に重い症状は出ず、持続的に徐々にひどくなる特徴をもっています。長期間にわたって症状が改善されない場合は、中枢性めまいの可能性が高くなります。

めまいで一番重要なのは、身体に現れる症状に、大きな病気が隠れていないか、検査を受けることです。

浮動性めまいは、日常に多く見られる、ふらつきや頭痛など、軽視しがちな軽い症がほとんどです。しかし、中枢に関わるめまいであった場合、症状が出た頃には比較的病気が進行した状態であり、決して個人ひとりでは判断できません。少しでも異変を感じたら、脳神経外科を受診すれば詳しい検査を受けられるので、ぜひ、一度受診をおすすめします。

全身性めまい

全身的な問題からめまいが起こる全身性めまいの主な原因は、自律神経失調症です。脳幹は自律神経の大元でもあるので、心拍や血圧、呼吸、平衡感覚、嘔吐反射などの神経がまとまっています。

そのため、自律神経失調症になると、これらの神経に何らかの異常が起こるので、吐き気がしたりふらつくめまいが起こるのです。中には発熱や貧血の症状が現れるケースもあります。

また、糖尿病や甲状腺機能低下、心因性の疾患など、神経に関わる病からも全身性めまいは引き起こされます。

これらは、原因元となるストレスや病気の改善を試みることにより、多くの場合は解消されます。めまい自体を治そうとするのではなく、その原因を知ることが最善の対処法といえるでしょう。

薬剤性めまい

薬剤性めまいはその名の通り、薬によって起こるめまいです。抗生物質や精神安定剤、降圧剤、抗パーキンソン病薬のほか、市販の風邪薬を飲んだ際にも、副作用として現れる場合があります。

最近では、その薬のことを簡単に調べることができますし、飲み合わせが原因となる場合も多く存在するため、ある程度は自分で防ぐことが可能です。しかし、自分に合うか合わないかまでは調べても分かりません。薬を飲んだときだけ、めまいが起こる場合は、医師、または薬剤師に必ず相談しましょう。

このように浮動性めまいは、発症の原因となる部位が幅広く、症状を見ただけでは原因を特定することができません。先に述べたとおり、深刻な病気の予兆である可能性もあるので、心配な方は一度、医師の診察を受けてみることをおすすめします。

それでも、現代医学では、めまいの発生原因を突き止め切れないケースがあることも事実。そのような場合は、諦めるのではなく、漢方薬やサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

浮動性めまいの改善におすすめの漢方薬・サプリメント一覧はこちら

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト