めまいを改善する漢方・サプリ一押しガイド集 » 症状別に見るめまいの原因と種類 » めまいを治す診療科とは【正しい治療方法を選択】

めまいを治す診療科とは【正しい治療方法を選択】

めまいの治療方法について

めまいは、耳や脳神経の異常など、様々な原因によって起こります。症状によって、治療方法も変わってくるため事前に理解しておきましょう。

ここでは、治療する際に受診する科や、診断の流れについて説明していきます。

どの診療科を受診すべきか?

めまいが起きたときは、主に耳鼻咽喉科で受診をします。正確な診断をしてほしいという方は、めまいを専門に扱っている病院もあるので、そこで診てもらうのもいいでしょう。

専門の科では平衡神経科、神経耳科などがあります。

また、他の症状として視力障害、ろれつが回っていない、激しい頭痛などが現れたときは、神経内科や脳神経外科を受診するようにしてください。

めまい以外の症状を併発した場合は、重い病気の疑いもあるので、速やかに医療機関へ行く必要があります。

めまい治療の流れ

ここでは、治療の流れについて紹介していきます。これから、病院を受診される方は参考にしてみてください。

診断の流れ

1.問診をする

現在の症状が、どのような状態であるのか問診をします。日常生活で起こる症状は、診断をするにあたり重要な情報となります。小さなことでもいいので、漏れなく伝えるようにしてください。

2.検査の実施

正確な判断を行うために、様々な検査を実施します。検査内容は下記の通りです。(医療機関によって、検査項目は変わります。)

【検査する項目】

  • 聴覚に関する検査(聴力検査・内耳機能検査・聴性誘発反応検査・耳小骨筋反射)
  • 平衡感覚の検査(頭位変換眼振検査・視運動眼振検査・重心動揺検査
  • レントゲン検査・・・など

 

3.診断確定

検査結果をもとに、病名の診断を確定していきます。診断が終われば、治療に入っていきます。

病気によって治療方法が変わってくるので、医師からしっかり説明を受けるようにしてください。また、結果次第では、違う病院での再検査が必要となるケースもあります。

主な治療方法

脳や内耳に原因がある場合は、手術が必要になることもあります。

また、心身のストレスが関係しているめまいでは、薬物療法や心理療法、生活指導などを行っていくことで症状の改善につなげていきます。

主な治療方法はこちらです。

  • 薬物療法
  • 平衡機能訓練
  • 心理療法
  • 自律訓練法
  • 生活指導

上記の治療方法以外でも、病状に適した方法をみつけていきます。治療について自身の要望がある場合は、医師への相談も忘れずにしておいてください。

受診のタイミング

めまいが起きたときは、そのタイミングで病院へ行ったほうがいいいのでしょうか?ここでは、受診のタイミングについて話していきましょう。

良性発作性頭位めまいと呼ばれる、頭を急に動かして、起き上がったときに起こるめまいは、時間が経つと治ることもあります。そのため、「自分で病院に行くまでの症状でもない」と、勝手な判断をしがちになります。

しかし、症状によっては重い病気の可能性もあるため、「軽い症状だから安静にすれば治る」「たまに起こることだから大丈夫」と思わず、早めの受診をすることが大切です。

放置すると診断が困難になるケースも少なくありません。めまいが続くようなら当日~3日以内には医者に掛かるようにしてください。また、嘔吐や寒気などの症状を併発した時は、速やかに診断を受けることが求められます。

めまいの症状には、重い病気が隠されていることもあります。体調に少しでも異変を感じたときは、病院へ受診することで、症状の悪化を防ぐことができるのです。

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト