めまいを改善する漢方・サプリおすすめランキング » 症状別に見るめまいの原因と種類 » 目の前がまっくらになる

目の前がまっくらになる

ここでは立ちくらみによって目の前が真っ暗になってしまうめまいについてまとめています。

めまいの種類:立ちくらみ

ある日突然目の前が真っ暗になってしまう立ちくらみ。医学的には眼前暗黒感と呼ばれるこの症状は、意識が遠くなったり、場合によってはそのまま失神することもあります。

立ちくらみは脳への血流が悪くなることが原因とされており、厳密にはめまいとは別のものとして分類されています。しかし、患者さんの多くが立ちくらみによるめまいを訴えることが多いので、このサイトでもめまいのひとつとして解説します。

立ちくらみめまいが起こる原因

考えられる原因としてはまず、心臓の病気があげられます。血液を体中に送り出す心臓が充分なはたらきができないと、当然、脳への血流も不足します。この場合、何よりも病院での治療が必要です。

次に立ち上がったり、起き上がることも立ちくらみの原因です。特に、長時間同じ姿勢をとっていて突然動くと起こります。

頭を高い位置に移動させる際に、血圧が不十分だと血液を押し上げる力が足りずに、脳の血流が一時的に足りなくなり、立ちくらみを引き起こすのです。

また、自律神経失調症によっても立ちくらみめまいが起こる場合があります。私たち人間の血圧は自律神経によってコントロールされていますが、その機能がうまく働かなくなると、脳の血流が不足し、立ちくらみが起こるのです。

その他にも薬の副作用や出血、精神的なショックを受けることで血圧が下がると、立ちくらみを起こすことがあります。

このように、立ちくらみめまいの原因は、適切な血圧が保てなくなることで、脳に充分な血液が届かないことです。症状が深刻な場合は、もちろん病院での診察・治療を受けることが必要です。

対処策は?

上に述べたような原因から、急に姿勢を変えないように意識することで、多くの立ちくらみは防ぐことが可能です。

バスや電車内、デスクワークなどにおいても、座った状態から急に立ち上がるのではなく、手すりなどを利用し、ゆっくりと立ち上がりましょう。

起床の際も同様に、仰向けの状態から横向きに、手を床について頭、上半身、という順に起き上がることで、ほとんどは解消されるはずです。

ただし、自律神経失調症が原因となるものは、治療することを最優先に考える必要があります

また、低血圧や貧血症状などは、体質が要因となっているものも多く、根治が難しい場合があります。

症状がそこまで重くはないものの、それでも予防はしたい、という方にはぜひ、漢方やサプリメントをおすすめします。

完治はできずとも、血圧を正常に保ち西洋医学では原因不明としか診断されていないめまいの症状改善に、漢方は効果が期待できます。

日常生活用に漢方・サプリを持っておくと安心

心臓の病気も大きな原因となっているため、基本的には病院で検査を受け適切な対策をとりましょう。ですが、それだけでなく、自宅で出来る対策も取り入れていかなければなりません。 対策のひとつとして、自宅で使える漢方やサプリを取り入れる方法です。目の前が真っ暗になるタイプのめまいは、誰でも恐怖感を覚えます。だからこそ精神的に不安定な状態になり、それが原因で自律神経が乱れ、脳の血流が不足し、さらなるめまいを引き起こしてしまうことも…。

普段から日常生活用に使える漢方・サプリを取り入れておけば、安心感にもつながりますよね。特に小さな事を大きく気にしてしまう方は自律神経が乱れやすい状態であるため、お守りのような目的で日常生活用の漢方・サプリを取り入れてみましょう。病院で治療を受ける際には、漢方やサプリを取り入れても問題ないか確認してみましょうね。

立ちくらみめまいの改善におすすめの漢方・サプリメント一覧

漢方とサプリでめまいを改善したい人が見るサイト